イラストを高校の勉強をしながら学べる方法【専門学校の高等部へ】

校舎と女子高校生

高校の三年間をどうするか

総合的な表現スキルを身に付けられるイラストの高校はコチラです。カリキュラムも充実してるので、おすすめですよ。

女子高生

マンガやアニメやゲームが好きな方であると、イラストに興味が湧く方がたくさんいるはずです。マンガでもアニメでもゲームでも、イラストがその作品の素晴らしさを引き立たせてくれます。だからこそイラストレーターという職業に憧れる方は大勢います。イラストレーターであればマンガがアニメ関連の仕事意外にも、挿絵やキャラクターデザインなどあらゆる仕事を請け負う事が出来ます。しかしイラストレーターになりたいと思っても、どう行動してプロになれるかどうかは分からないという方は多い筈です。だからこそ専門学校に通ってイラストを学ぶという方がいるのです。いくら絵を描く事が好きでイラストを見る事が好きだとしても、プロにどのようにしてなるのかどうかが分からないとなると身動きが取れません。独学では限界もあるので、お金をかけて専門学校でイラストを学ぶという方法を選択するのです。しかし専門学校は通常であると高校卒業後に入学して通う場所であります。したがって小学生や中学生は当然ながら、専門的にイラストを学ぶ事は出来ないのです。しかしイラストを学べる専門学校には高等部が存在している所があります。高等部という事で高校に相当する学部であると考えておきましょう。通常であれば高校でイラストを専門的に学ぶ事は出来ません。中にはクリエイティブ科を設けている高校もありますが、そんな高校は一握りであり誰もが通う事が出来るという訳ではありません。だからこそ中学を卒業してすぐにイラストを学びたいと考えるのであれば、イラスト専攻がある高校を選ぶのかそれとも高等部がある専門学校に通うのかの二択となります。

高校相当の事も学べてそしてプロ相当のイラスト技術も学べますので、本気でイラストレーターを目指している方であれば、普通高校には通わずイラスト専攻がある専門学校の高等部に入学しているのです。もちろん入学しなければ一生イラストレーターを目指せないという事ではありません。専門学校は通常であれば高校卒業をした後に通う学校です。ただ早く学ぶ事が可能であるのが、高等部入学という方法であるのです。人によって価値観は異なります。高校三年間をイラストを学ばず過ごすのか、それとも普通に勉強をしながらプロに鳴るためのイラスト技術を学び過ごすのか、どちらが自分に取って一番有意義な三年間の過ごし方であるかどうかを決めなければなりません。しかしどちらがいいのかはその人の価値観で決まります。しかしどうあれ三年間をイラストを学びながら消費するという事であれば、その要望に応えてくれる専門学校を見つけましょう。

高卒と高認の違い

机に向かう

高校在学相当の年齢でも、イラストを本格的に専門学校の高等部で学ぶ事は可能です。しかし一点覚えておいた方が良い事があり、高等部で得る事が出来るのは高卒学歴ではなく高認でという資格です。

Read More

力をつける

鉛筆でかいた線

高校三年間を勉学だけに消費するのではなく、イラストの基礎とも言えるデッサン力を養う方に消費したいのであれば、専門学校の高等部に行くべきです。デッサン力は時間を掛けて身につける物です。三年という年月を消費して損はありません。

Read More

請求と体験を

封筒

イラスト系の専門学校であれば体験入学などを積極的に行っている傾向があります。高校在学中の方であっても体験可能です。そして資料請求であれば何時でも行って大丈夫です。情報を集めて入学を決めます。

Read More